So-net無料ブログ作成
検索選択
ファイナンス ブログトップ
前の15件 | -

久々のファイナンスねた [ファイナンス]

2005年9月に仕込んだBRICs投信が一時はあれっというときもあったのだが、ようやく160%になった。  もっとつっこみたかったが、投信会社がお金が集まりすぎて一時的に募集を止め、最近再開したが、いまは積み立て損ねている。  2年前にもっとやっとけばよかったが、値上がり率としてはまずまずというところか。

もう一つ、ヘッジファンドからみを2006年12月に仕込んだが、これは長期運用型で2012年まで解約が出来ない。また年に2回しか解約申し込みの機会がない。 その分ファンドマネージャーは長期で自由に運用できるというメリットがある。 通常相場は悪くなると投信も解約の方向に動きやすい。つまりお金が逃げるということだが、本当はファンドマネージャーとしては、下がったら買いに向かい、上がったら売りに行くのが本当なんだが、買いたいときに解約されると、狙いとは逆の動きになる。  この系統の長期投信は過去に10年で100倍になったこともあるらしい。  もし100倍だと 「むふふ」なんだが・・・・・

今思い入れている株の銘柄だが、どうもいまいち動きが悪い。 そのうち吹き上げると信じているんだが・・・・・・・。   その間に得意分野の機械部門が一部銘柄で絶好調が続いている。まだまだ好決算が相次ぐはずで、その間持ち株があまりにも動かないと、悪い虫が騒ぐ。 今まで鞍替えしては爆発を何度も味わっているので、ここは慎重に構えたい。


なかなか思うようにいかず [ファイナンス]

メディシノバは米ナスで13.78$(1626円)をキープ、そして米情報で目標株価が20$(2360円)とのこと!

なのに今日のヘラクレス、終値1495円(▼55円)??  外人が日本で売って、あっちで買ってるんだろうか?  鞘寄せするはずなんだがなあ??

まあ、11月20日頃には870円まであったので、それから見れば70%UP! 底で買った人は、すでに「うっしっし!」と言うところか? 

 

ついでに、こだわりのMO○○Xを全部売って、サ○○ッ○スに全力投球した。自社株買いに期待だ。

 

年末年始相場に大期待!!

3月までの勝負と決めているんだが、期待してまっせ!!!!


いよいよ楽しみに [ファイナンス]

メディシノバが米ナスで暴騰!!

いよいよ来たかと言う感じだ。

米ナスで12日終値12.15ドル(116円/ドル)=1409.4

日本は13日終値が1240円どう考えてもおかしい。 今日ロンドンに子会社の開設を発表、また今日ニューヨークヘルスケア・カンファレンスを開催らしい、どうもこれがインパクトを与えたのだと思われる!  久々の満塁ホームランを是非とも体験したいものだ!!

これでヘラクレス市場が動かないなら、明日全力投球しかない!

しかし、今日は見積もりで徹夜になるのは決定的だ!


久々のファイナンスねた [ファイナンス]

メディシノバという創薬ベンチャーベンチャーを数ヶ月前に仕込んだのだが、今朝のナスダックで勢いがついてきたようだ。目標は4倍なのだが、果たしてどうなるだろう?

元々はブックビルディングで400円公募となったのだが、その後は120~130円で低迷、そしてアメリカナスダック上場を目指し、1株を10株に併合(株価は10倍に)

売買再開後、一時は855円まで下落、かなり精神的には揺れたが、買い増しを断行。7日には一旦買値まで戻すも、8日は調整が。

しかし、昨日のナスダックでは10%延びた、来週からの動きに注目だ!


乱高下 [ファイナンス]

最近どうも忙しくて、最近じゃないなあ、ずーっとか?

 あっという間に3週間開いてしまった。

どうも書く余裕があったときほど書き渋り、いろいろ「ぼーっと」ほかのことを考えているような気がする。かえってどうしようもなく忙しいと、書かなくっちゃという感じであわてて書いているように思う。これは性格なのだろうが、直らない。

夏休みの宿題も完全制覇したためしがないし・・・・。そのうち足下をすくわれるかも?

 先月17日は創立記念日だった。 当日は社長の派手なことはさけたいと言う意向で紅白まんじゅうを配るだけとなった。(社史は編集中、社員旅行はアンケート収集中、噂によると海外旅行の希望が多いかと思えば、どうも70%が国内希望らしい)

最近の嗜好は甘さを控えたものが多い中、洋菓子にしようと言う意見が多かったのだが、最終的にもめにもめて、やっぱり紅白ははずせないと言うことで結局、40周年と同じ紅白まんじゅうとなった。   極甘だった。

 個人的には、まんじゅうなら竹林堂の酒まんじゅうの堅くなったやつを焼き直して食べるのが好きだったんだけど・・・・・

 

 5月を振り返ると、とにかくけたたましかったと言うところか?

5月の最終日には、ほとんど暴力とはいえない程度なのだが、本人は頭に血が上って、 <<いきなり110番!!>>  大変なおまけ付きとなった!!!

警察が来る頃は落ち着いていて、最終的には、お互い謝り握手で、訴えを取り下げるという結果だったのだが、後始末に一日完全にどっぷりとはまってしまった。  ふっーーー!

 

 本当に大変な月であったのは間違いない! ファイナンスの結果も、散々だ。業績のいい銘柄で去年から仕込んであったのだが、最初はいい調子だったが、LD事件と5月の調整で、6月の車検費用を捻出どころか、大きくマイナスだ。 今日もMファンドがらみで昼休みはぞっとしたが、終わってみれば大幅高!!  セリングクライマックスであることを願うばかりだ。 根拠のない神頼みはしたくないのだが、業績を信じるしかない!

サラリーマンには、困った状況である。業績がよい銘柄は長期的にはほぼ間違いないのだが、短期的には不思議なもので、売りたいときに低迷しているものである。車検の支払いの7月はじめには、戻ってほしいものである。神様ーーーっ  <(_ _)>


TOPIXが [ファイナンス]

1991年11月以来の水準を回復。ようやく2000年のITバブルの水準を越えてきた。2000年に買った日本株式のアクティブ型投信が一時は1/3まで下落して真っ青だったが、ほぼ、買値に戻った。長かった!

日経225平均は入れ替えなどで連続性がなくなっているので、TOPIXで見ないと、勘違いしてしまう。NHKも今では日経平均の先にTOPIXを言うようになった。しかし日経225連動の投信は一緒に入れ替えてきているので、もうちょっと戻るのに時間がかかりそうだ。

これからようやく資産形成の領域に入っていくが、地道に行きたい。2ヶ月前にBRICS(ブラジル、ロシア、インド、チャイナ)の投信を買ったが、先週からプラスに転換、まだ小額なので天引きの積み立てに変えて行こうと思う。経済の発展は人口に比例するはずで、貢献してくれると信じている。

日経225投信は 年間リターン +47%

日本株式投信は 年間リターン +60%

ブリックスは    3ヶ月のリターンが+17%


インフレかなー [ファイナンス]

FOMCが利上げをした。まだ上げるとの含みも残した。

一方、国内では貸出金利の競争激化で1.3%を割り込んだ。最低水準だ。

30年固定金利の貸し出しも出てきた。

 米国の金利は年内に5%になるらしい。この水準はぜんぜん高くはないらしい。歴史的には4.5%が中立で、5%ぐらいは全く問題はないらしい。

 日本株も昨年40%も上がった、企業の持っている株も不良資産から含み益に変わってきているはずで、低金利、含み益増、生産絶好調、少子化による人手不足、設備投資意欲は更に上がるだろう。

日米でこんなに金利差があれば円安にならざるを得ない。そうすると輸出はまだまだ絶好調、国内はお金がジャブジャブ、おまけに都市部で土地が値上がり、バブルを連想させるが、どう考えても、インフレになるのは間違いなさそうだ。

日本の株式は、今朝のFOMCの影響でかなり下げると思っていたが今のところ、かなり堅調だ。

 インフレは一度なると、止めるのが大変らしいが、財政再建にはこれしかないのが政府の本音、シナリオ通りだとしたら、おのずと今後どうなるか見えてくるというものだ。


大発会 [ファイナンス]

今日は2006年の大発会だ

今日は一気に16500円には行くかもしれない。

今日は一日見ていたいが、さだまさしの券を買いに行かなくては!


株はやっぱり売りが難しい [ファイナンス]

昨日は資産がかなり増えた、にっこりだ。

 私はMONEX証券が好きだ。とにかく経営方針がまったくぶれない。

メルマガ松本大のつぶやきを創刊から読んでいるが、非常に共感することも多く、これからも、応援して行こうと思う。

 MONEXは2000年の最初のブックビルディングが45000円だった。抽選で5株当選した。公開後あっという間に15万円になった。

50万円も儲かったと浮かれていたが、浮かれるのもつかの間で、その後一時的に7万円に落ち着き、しばらくしてITバブルが弾け、日経平均が20000円から7000円台まで急降下、MONEXまで7000円台へ。

さすがに当時はMONEXの野郎と思った。しかし、MONEXは間違ってない!繁栄していけばすぐに15万円になると信じコツコツと買い続けてきた。

今思えばもっと買っておくべきだったが、ソニーとメガチップで結構痛い目にあい、最悪のときに車を買ったため、それ以上の買い増しは出来なかった。

株価はつくづく底では買えないもんだ。 株の頭と尻尾はくれてやれという言葉があるが、好きな言葉だ!    尻尾で買って、頭で売ろうとすると大体失敗する。

MONEXはその後セゾン証券と合併、昨年は日興ビーンズと合併しマネックスビーンズHDという持ち株会社になった。株価は一時は20万強へ 。

今年10月からMONEXは他社に先駆け月次決算を毎月オープンするようになった。21日発表の11月の成績が10月に対し増益で、ここに来ての日経平均も16000円に5年ぶりに戻り、MONEXも昨日はあわやストップ高寸前まで行った。

ストップ高が165000円なので、朝一歩手前の164000円で売りを入れたのだが、二歩手前の163000円で折り返してしまった。サラリーマンは日中、株にうつつを抜かすわけには行かないので、仕方がない。

27日10時現在154000円だ。10株で10万円現金化しそこなった。残念!!

利益追求は企業活動の最も大事な事で、利益を上げないと、社会貢献も株主貢献もできない。最近はすぐに株式分割したり、増資をしたりが非常に多い。確かにそれをきっかけにして、株価が暴騰し、恩恵を受けている人が多いのは事実だが志を大事にしてほしいと思う。

あれー、昨日売った三洋、あれだけ買うのは時期尚早という記事を見るとそこそこ利益を達成したので一旦売ったのだが、上がっているじゃないのほんとに株は売ると上がるとつくづく思う!


おう、今日はすごいね! [ファイナンス]

 私の株式投資の基本は小型株中心だ。過去にブリヂストンソニーとかの大型株もやっては見たが投資額は大きくなるし、値動きが激しくなると仕事が手につかない。いつでも売れるし、買えるのはいいのだが、どうも肌に合わない。どうもけつのすわりが良くないのだ。その辺は投信にお任せすることにした。
投信も大きなトレンドを見誤らなければ、成果も上がる。
今日はとうとう、日経平均15900円にタッチ!!

 2006年末の日経平均?

 投信は、個人的にはさわかみ投信が好きだ。知人にこれはいいよと4年前に買わせておいて、自分はまだ買っていない。ITバブルで20%しか下がらなかったのは驚異的だし、とにかく下がったら買い、下がっては買いという、投資方針はすごいと思う。
 自分の投信は5年前に買って、暗黒の時を過ごし、もう少しで元に戻りそうだ。暗黒のときに買っていれば、今は2.5倍になっているのだが、私には当時もうお金がないので、買えなかった。

 世の中はジェイコム株で大儲けもいるようだが、自分とっては他人事だ!

 先週は円高と、外国人のクリスマス、年末休暇の前のポジション整理で下げていたものの、今日は円高一服で吹き返し。個人投資家の株式参入の勢いは止まらない?

10月に仕込んだ小型株も動き出した。しめしめ!


自分流 [ファイナンス]

 先日、株のメルマガで価値と価格という言葉があった。これは本当に大事なことで絶えず分けて意識するべきことだ。

 特に価値をしっかりと見極める必要がある。価値が高ければいつか報われる。価格は人気と勢いで動くし、仕組まれていることあると思う。私のような零細投資家は価格だけに目がいくと、必ず失敗する。

 特に人に言われて勝負したものはことごとく失敗する。それは目標価格までも人の情報に流されるからだ。過去にある大手の電機メーカーで大きな失敗がある。分割するというので、これはすごいことになるよといわれ、乗っかってみた。確かにぐんぐん上がり、「目標達成だ。やったー!」と思ったが、「まだまだ行くぞ!」という意見に流され、売り時を完全に間違った!

 2分割でとりあえず半分はすぐに売って利益を確定したが、残りの半分が入庫されるころには、マイナスになっていた。半分で利益も出ているし、そのうち復活するだろうと気楽に考えていたら、40%ぐらいあっという間に下がってしまった。その後もどんどん下がり1/3の株価にまで行ったのだが、やっぱり自分でしっかり調べて、必ず目標金額を決めて達成したら、極めて事務的に利益を確定することの重要性を思い知らされた。


最近胃酸過多で胸焼けがひどい [ファイナンス]

最近飲みすぎかなあ・・・  これから年末年始まだ増えそうだ。

このカテゴリーがだんだんふえてきたかな?

100万円  年に1% の運用で 8年後に   108万

100万円  年に3% の運用で 8年後に   126万

100万円  年に10%の運用で 8年後に   214万

100万円  月に1% の運用で 8年後に   260万

100万円  月に3% の運用で 8年後に  1700万

100万円 3ヶ月10%の運用で 8年後に  2100万

100万円  月に5% の運用で 8年後に 1億と800万

 「なんだ1000万だったら8年後はたった10億か!」とか言ってみたいもんです!

 60歳まで100万円を3ヶ月で10%純利益運用すると2億になります。 私はいまは1億にしたいと真剣に思っています!

実際は、大きな波があるのでコンスタントに利益を上げることは不可能だし、資金が増えれば、大きく運用方針も変わるだろう。ただここへ来て日経平均がたった半年で50%近くも上げたのは事実だし、ネットによる個人投資家が大幅に増えているので、この流れはもうしばらく続くと思う。

 会社は生き物でだんだん成長していく。ほっておいたら70歳には5億かも知れない。 ただ、うまいもんの食いすぎで会社も自分も糖尿病あたりで没!にならないようにしないといけませんが!!

だけど現実は、なかなか資産が増えない! なぜならば途中で車を買ったり家を直したり緊急費用に廻してしまうからだ。 今後、またバブル崩壊見たいなことも10年に一度は必ずあるでしょうし。

 笑い話でついこないだのことですが、○○○の従業員の方で娘さんが結婚するとき、会社の持ち株会の株が長く400円前後をうろうろしていたところ、700円になったのでよろこんで全部売ったそうです。当時はかなりうまくいったと思ったそうですが、今はとうとう1700円。借金すればよかったと嘆いておられました。自分の会社については好調なことは当然知っているのだが、同じくらい悪いところも知っているので、そこそこ行くと売ってしまうんだ。とか。

 そんなもんでしょうかね! 私も実際○○万儲け、車を買って、おまけにまたギターまで買っちまった。どうも種銭に手をつける癖があります。その数十万が8年後に1000万違ってくるかもしれないのに・・・・

業績がいいといつか上がります。しかし株は人気投票なので、いつ上がるかわかりません。


終わってみれば [ファイナンス]

昨日までの株価で確率分析上、ピボット上方ブレイクポイントが15517円だったが、さすがに15500には届かなかった。

しかし、ピボット抵抗線2の15333はあっさり突破!

 本当に相場が強い。あっという間の日経平均15000円突破。 この大台での終了は、2000年のITバブルから実に5年ぶり。

ここ半年で一気に4300円も上昇。(昨日から書いていたので2日終値では4600円も) 過去のバブルの教訓からか、さすがに慎重論も出始めた。

 今週月曜日までで8日続伸、その後、火、水曜日と若干調整。

過去にも8日続伸は何度もあったが、いつもピークをつけては、下落トレンド

 さて、今回の8日続伸はどうか? まずは上げ幅が過去に比べ非常に大きく、そして終値では利食いによる調整はあるものの、ザラバで高値をしっかり更新。 私の少ない投資経験上になかったことだ。

月単位では日経平均株価は7ヶ月連続の続伸。おまけに上昇率もエスカレート。

過去の7ヶ月以上続伸は、

 1971年11月~1972年12月までの14ヶ月続伸。万博が終わり田中内閣発足による(日本列島改造論)

 1985年には8ヶ月続伸、きっかけはNTTの第一次政府保有株の放出で、個人投資家が増え、一般人もNTTの株価だけは見るようになった。

1987年は7ヶ月、プラザ合意による円高不況対策の金融緩和だ。言わずと知れたバブルスタート。

 1989年は9ヶ月で、土地バブルの絶頂。地上げが横行し、土地やゴルフ会員権、株を買うためだったら銀行がお金をどんどん貸した。

 2000年は7ヶ月で、光通信に象徴されるのITネット・バブル。

今年2005年は小泉さん、株の買占め、M&A、そのうち何らかの名前がついて歴史に刻まれるんだろう。

昔から株価は相場に聞けと言うが、こういうときは上昇気流のトレンドに素直についていき、目標金額達成でさっさと引けばいいのだが、直近では大型株が主流で、私の資金許容範囲を超えていることと、自分のリサーチ能力では、手軽な単本株価で割安と思えるものがなくなってきた。

私の周辺の環境では、いまは製造業が大リストラで完全復活をしてきており、「○○バブル」という言葉は使われないと確信しているつもりだが、政府の過剰流動性の継続しすぎによる、無意味なM&Aや過剰なREITなどの不動産バブルにはしてほしくないものだ。


きょうもすごいことになりそう [ファイナンス]

シカゴ日経先物終値 15280

15500もありか?


日経225 15000円超えた [ファイナンス]

 午前の状況から、今日は15000円は無理かなと思っていたが、今見てびっくり、かなり勢いがついてきている。株価は大体行き過ぎるものだが、何処までいくのだろう。年初のアナリストの年末予想は最高で13500から14000ぐらいだったと思うが、アナリストの予想通りに行ったことはほとんどない。

 勤務先は建設機械業界なので、かなり輸出頼みではあるが、本格回復してきていることは、昨年から感じていたが投資する資金が寂しい限りで、ほしいものがあっても結局何かを売らなければ次のを買えない。かなりチャンスを逃している。

 コマツの株では過去に450円から700円ぐらいの間で何回かおいしい思いをさせてもらったが、700円を超えてから買えていない。今はもう1700円を越えている。

 住金も45円から99円ぐらいの間で結構儲けたつもりではあるが、今はもう400円で新日鉄を抜いた。住重も90円がいまや800円だ。

 2000年には投信も買った、当時は郵貯を薦める書籍が多かったが、2000年ごろ一時的に景気回復の兆しがあり投信にした。今考えれば当時は郵貯が正解で2003年に投信に切り替えていれば、今頃「うはうは」だったのだが、まあ先のことがわかったら、バックトゥザフューチャーじゃないが競馬だけで大金持ちだ。

 投信は当時の日経平均が20000円でそれが7800円まで下がり、最近になってようやくそこそこ戻りつつある。長かったー!!! 投信についてははじめから長期では考えているのだが、一時は価値が1/3までいったのだから冷や汗たらりだった。もし緊急でお金が必要になったら、今頃本当に悲惨なことになっていただろう。


前の15件 | - ファイナンス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。